毎年8月 9日・10日は妙心寺のおしょうらいさんへ

日程  8月9日・10日  午前6時〜午後9時

※本年より熱中症対策のため、午後1時より午後5時までは参拝を休止いたします
 
※両日とも、午後7時半より、先祖供養法要が行われます。

 
 

※ 塔婆供養について

 
本年も感染症対策のため、塔婆供養は行いません。
 
ご持参のご戒名については、施餓鬼法要中に読み上げをさせていただきます。
下の用紙を印刷していただき、ご記入の上お持ちください。
 

 
 

 
 
         
お精霊迎えとは、毎年8月9日と10日に妙心寺で開かれる法要のことです。お盆になるとご先祖様が私たちのところに帰ってこられるので、そのご先祖様をお迎えするのがこのお精霊迎えです。9日、10日は両日共に朝6時から夜9時まで行なわれます。この間であればいつ来ていただいてもかまいませんが、日中はとても暑いので、午前中もしくは夕方以降がオススメです。
(両日とも、熱中症対策のため午後1時から午後5時までは休止いたしております。)
当日は、迎え鐘と言って、年に一度お精霊迎えのときだけ撞いていただける鐘を鳴らして、ご先祖様が無事にお帰りになるよう合図します。(鐘は和尚が撞かせていただきます狩野探幽(かのうたんゆう)筆の立派な龍の天井画がある法堂(はっとう)の前では、和尚さんがご先祖様やなくなられた大切な方のお塔婆を書いてくださいます。お堂の中で、御勤めをしていただき、ご先祖様をお迎えになってください。
今ある自分を思い、ご先祖様に感謝する。年に一度のお盆には、みなさまも是非そういった機会を作っていただければと思います。
(感染症対策のため今年度も塔婆供養は行いません。ご供養希望の方は所定の用紙に供養戒名を記入の上お持ちください)

日程  8月16日  午前6時〜午後0時
※午前11時より、先祖供養法要が行われます。
 

お盆が終わる8月16日の午前中には、お精霊送りという法要が行なわれます。お盆が終わって、ご先祖様が帰っていかれるときにお見送りをするのがこの法要です。

お精霊送りの際も決まったお参りの仕方はありませんが、標準的には、まず法堂にお越しいただいて、供養申込用紙を法堂のお盆の上にお供えし合掌してご先祖様をお送りください。お帰りの際は、迎え鐘と同じ鐘楼で送り鐘を和尚が撞く間、合掌してお参りいただいてからお帰りください。

また、お盆中にご自宅でおかざりをされた御供物もご持参いただければ、お預かりいたします。法堂入り口脇までお持ち下さい。


 令和3年は夏季暁天講座は開講いたしません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 

令和3年は限定御朱印は実施いたしません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 令和3年は青空市場は開催いたしません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

毎年7月末には、近隣の子どもたちに集まっていただき、大方丈で
おしょうらいさんに飾る灯篭の絵付けを行っております